天海祐希『緊急取調室』 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

天海祐希『緊急取調室』 2017春ドラマ 各回ごとの感想、視聴率、ネタバレを書いています。

相棒15 最終回 2時間スペシャル 第18話「悪魔の証明」 感想 ネタバレ

スポンサーリンク

相棒15 最終回 2時間スペシャル 第18話「悪魔の証明」感想 ネタバレ

2017年3月22日(水)よる8:00~ 

f:id:max2111:20170302153458j:plain

 

出典 http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0018/

いよいよ相棒15も最終回ですね。
平均視聴率率14.88%は

現在放送されている冬の
連続ドラマではトップです。

「おんな城主 直虎」は平均は14.94%で
下降傾向にありますので
やはり強いドラマと言えますね。

あらすじ

ひた隠しにしていた美彌子の秘密を亘がリーク!?
暴露記事をきっかけに直接対峙する右京と美彌子
警視庁を揺るがす究極の頭脳戦が始まる!

サイバーセキュリティ対策本部の
特別捜査官である青木(浅利陽介)が、

自身のスキルを悪用し、広報課長・
社美彌子(仲間由紀恵)の私物のパソコンに進入。

美彌子の娘と思しき少女が映った
写真や動画を密かにのぞき見た。

異変を察した美彌子が、
青木とは別の捜査官に調査を依頼した結果、
侵入の痕跡が発見され、首席監察官の大河内(神保悟志)が
調査に乗り出す事態となる。

その後、真っ先に疑いを掛けられたのは、
亘(反町隆史)だった。

どうやら美彌子が、ハッキングを許した理由を、
亘から届いた怪しげなメールにしか
心当たりがないと申告したらしい。

亘は、そんなメールなど送っていないというが、
亘のパソコンから美彌子にメールした痕跡ばかりか、
パソコンに侵入した痕跡まで発見されてしまう。

そんな中、美彌子に風間楓子(芦名星)
と名乗る週刊誌の記者から取材依頼がある。

パソコンから流出したと思われる
少女の写真を入手した彼女は、
そのネタを記事にするつもりらしい。

美彌子は、取り乱した様子もなく冷静に取材を拒むが、
実際にその後、『警視庁美人広報課長は
国際派シングルマザーだった!?』という
下世話な記事を書かれてしまう。

結果、亘は不正侵入のほか、
個人情報漏洩の疑いまで掛けられ憤慨する。

それまで、事の成り行きを静観していた
右京(水谷豊)だったが、雑誌に掲載された
少女の写真の背景が気になっている様子。

それは、ロシア独自の風習を捉えたものらしく…!?

独自の調査に乗り出した右京は、
なぜか東京拘置所に拘禁されている
元内閣情報調査室の室長・天野(羽場裕一)のもとを訪れる。

少女の父親は、アメリカに亡命した
ロシアの元スパイ・ヤロポロクの可能性がある、
と天野に自身の推理をぶつける右京。

背景には、2年半前に天野が起こした
連続殺人事件の真相が知りたいという意図があった。

それは、右京と美彌子が初めて直接接点を持った事件。

ヤロポロクの亡命が発端となり、
天野が国を裏切ってロシアに情報を流していた
4名の日本人に私刑を下した事件だった。

警視庁としては、その事件自体は“過去のもの”だったが、
将来を嘱望されたキャリアと、
ロシアの元スパイが通じていたとなれば大問題になる。

副総監の衣笠(大杉漣)をはじめ上層部の人間は、
美彌子を追求するが、彼女は一向にひるむ様子がなく…!?

疑惑の渦中に巻き込まれた亘と、独自の捜査を始めた右京
美彌子とスパイ、そして殺人を犯した元上司の関係は!?

右京、亘、美彌子。それぞれの思惑が複雑に絡み合い、
スキャンダラスな騒動は、衝撃のラストへと繋がる!