天海祐希『緊急取調室』 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

天海祐希『緊急取調室』 2017春ドラマ 各回ごとの感想、視聴率、ネタバレを書いています。

「相棒15」第1話「守護神」の感想

スポンサーリンク

「相棒15」第1話「守護神」の感想

2016年10月12日(水)よる8:00~10:09
初回2時間スペシャル 

 

f:id:max2111:20161013115004j:plain


出典 http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/contents/story/0001/

『相棒』シーズン15がいよいよ始動!
特命係の右京が広報課に配属された亘と共に
“呪いによる殺人”という不可解な事件に挑む!

新聞の評にもありましたが、
何かすっきりしないところがありましたね。

視聴率も15.5%と前回の平均の15.0%を上回ったものの、

初回としては物足りないと思います。

やはり内容に切れがなくなったように感じますね。

それは“呪いによる殺人”に関するものではなく、
広報課長に手紙を送りつけた相手が何者か?

この予告編では多少匂わしてありますが、
広報課長との関係がわからないこと、

さらにこの関係で広報課長が
亘を特命係に配転させた理由が
すっきりしないことでしょうか?

今回のシリーズの背景にある
伏線なのでしょうかね。

あらすじ
人を呪い殺したという女性が、
自分を罰してほしいと捜査一課を訪ねてきた。

しかし、伊丹(川原和久)たちは取り合わず、
女性をそのまま追い返してしまう。

その一部始終を見ていた青木(浅利陽介)は、
それを右京(水谷豊)に報告する。

青木は以前、向かいのマンションで
女性が殺害された事件を目撃しながら、
警察への極度の嫌悪から証言を拒み、
特命係と深い因縁を持った人物。

しかし、この春、サイバーセキュリティー対策本部の
特別捜査官として採用され、
特命係にも出入りするようになっていた。

青木から話を聞いた右京は、
「人を呪い殺した」という話に興味を持ち、
問題の女性・来栖初恵(小野ゆり子)を訪ねる。

聞けば、彼女はここ十数年の間に、
3人の人間を呪い殺したという。

翌日、特命係の部屋に亘(反町隆史)がやってくる。
亘は、警察学校での研修を終えると、希望した捜査部門ではなく、
美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属されていた。

それでも、警察学校の同期である青木から呪いの一件を聞き、
興味を引かれて右京を訪ねてきたのだった。

改めて2人が初恵を調べると、
確かに周辺で3人の人物が不審な死を遂げていた。

彼女は、それを自分が呪ったせいだと恐れているのだが、
その背景には祖母・トヨ(山本陽子)の存在があった。

青森で暮らしているトヨには不思議な力が宿っていて、
初恵は自分にもその力が受け継がれているのではないかと考えているらしい。

右京と亘は、“呪いによる連続殺人”という不可解な事件を前に、
自分たちが何を調べ、どこに向かっているのか掴み切れないまま調査を進める。

一方、美彌子のもとには、警察のみならず、
国さえ敵に回しかねない危険な人物から、
思いがけない連絡が届いていた。

事件か事故か、それとも呪いによる殺人か…!?
不可解な死の真相を追って動き出した右京と亘が
呪いの背後に隠された驚きの真相を解き明かす!