読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桐谷美玲『人は見た目が100パーセント』 2017春ドラマ 感想 ネタバレ

桐谷美玲『人は見た目が100パーセント』 2017春ドラマ 各回ごとの感想、視聴率、ネタバレを書いています。

寺尾聰の「仰げば尊し」第5話の 感想 あらすじ

スポンサーリンク

寺尾聰の「仰げば尊し」第5話の 感想 予告

 

f:id:max2111:20160811232004j:plain

出典 http://www.tbs.co.jp/aogeba-toutoshi/

この吹奏楽部もいろいろ問題があって、
これからもいろいろありそうな展開ですが、
それでも、なんとか進んでますね。

 

あらすじ

無事に合宿を終えた美崎高校吹奏楽部だが、
井川(健太郎)の喫煙問題が鮫島教頭(升毅)にも伝わっていた。

木藤良(真剣佑)や青島(村上虹郎)らは
言いがかりだと猛反発するも、
鮫島教頭はコンクールへの出場辞退を強く要求。

そんな鮫島教頭を樋熊(寺尾聰)と奈津紀(多部未華子)が、
何とか説得し出場辞退は回避したが、
鮫島教頭はペナルティーとして10日間の部活動謹慎を吹奏楽部へ科す。

地区大会まであと1ヶ月のところ、
学校での部活動ができなくなり動揺する
安保(北村匠海)や高杢(太賀)ら部員たちに対して、
学校外で練習すればいいと樋熊が提案。

また、吹奏楽部は一つの家族にならなければいけないと言う樋熊は
、一緒に晩ご飯を食べようと部員たちを自宅へ招く。
そんな樋熊に対して、仕事とプライベートの線引きは
きちんとしてほしいと奈津紀が反対するが……。